記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスクフェチの自覚

自分がいつから女性のマスク姿に萌えるようになったか

マスクフェチであると自覚するようになったか

科学的な記録はもちろんありません。


が、かつてタモリ氏がTV番組で「マスクフェチ」なる

言葉を口にしたり、2007年に「マスク☆ムスメ」なる

写真集とDVDが出たこともなぜか覚えていました。


ちょっと大ざっぱですが、

やはり人々がマスクを

する機会が増えてきて、マスク姿が珍しくない光景に

なったことが環境要因としてあると思います。


そうした状況の変化と、


マスク姿が醸し出す秘密性

マスクの裏の素顔への想像力

もともと自分の内面に潜んでいたにおいフェチの嗜好

とマスクの裏側の様子(においや汚れ)への想像力


こういった要素とが奇妙な化学変化を起こし

生まれた産物なのではと思います。


さて、マスクフェチとして自覚が高まる中で、これまで

不得意だったものが逆に苦でなくなったということがあります。


次回はそんな話をしたいと思います。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。